WEDDING

COLUMN

ゲストテーブルにファーストインプレッションの魔法を!ウェディングのDIYアレンジアイディア

ゲストテーブルにファーストインプレッションの魔法を!ウェディングのDIYアレンジアイディア
by Aya Isobe

「大事なのは第一印象」。恋愛をするにも、仕事をするにもよく聞く言葉であるが、それはウエディングの空間づくりにおいても同じこと。近年レセプション、ウエルカムスペースにこだわるカップルが増えている中、忘れてはいけないのがゲストテーブルのアレンジ。「パーティが始まれば料理もくるし…」と思うかもしれないが、意外とふたりの入場まで手持無沙汰になってしまうのは、列席経験のある方なら思い当たることもあるはず。

 

“着座する最初のひとときに込めた、ふたりからゲストへの温かなおもてなし”

 

今回はそんなハートフルな気持ちを伝える、粋なテーブルアレンジをチョイス。

きっと、ふたりの祝宴のスパイスになってくれる。

 

Style.01「シックなアレンジに潜む“私たちのメモリアル”」

Color: White×Black Key Item: photograph with full of memories 

 

学生時代からのかけがえのない女友達へ、皆との思い出が刻まれたモノクロ写真をプレートにON。写真の裏には直筆でメッセージを添えるのも素敵。日本だと敬遠されがちなモノトーンのテーブルコーディネートも、実は海外では多用されているカラー配色。ポイントはストライプやドット柄などパターン使いでポップな印象をアピールするのが鍵。

P1061339

HOW TO:

ゲストとの思い出の写真をモノクロでプリント。テーブルコーデにマッチするリボンでラフに飾ってプレートの上に。

写真の裏には直筆でメッセージを添えるのも素敵。

 

Style.02「感謝の気持ちを託したフェミニン顔ブーケ」

Color: Macaron Color Key Item: Bouquet motif

フラワーをナプキンで束ねブーケ状にしたアレンジ術。目上の方に御礼で贈ることも多いブーケはおもてなしの場にふさわしいアイテム。マカロンカラーでエレガントに仕上げたカラーパレットに品格を宿すゴールドのあしらいが心憎い。

P1061342

HOW TO:

ブーケをラッピングするように、ナプキンでバラ2~3本を包み同系色のリボンできゅっと束ねる。異なるカラーのプレートを重ねて多彩な表情を演出するのも忘れずに

 

Style.03「ふたりらしい、Only Oneの席札でお出迎え」

Color: Natural Color Key Item: handmade Name card

ゲストが少人数のことも多いリゾートウエディングでぜひリコメンドしたい、ひと手間かけたハンドメイドの席札。自然の恵みにあふれたリゾート地にちなんで、現地産のジャムやドリンクにゲストの名前をあしらったり、ワインのコルクなど日常の品をうまくアレンジしてふたりのセンスを見せつけたい。

P1061346 P1061349

HOW TO:

左写真:現地産の瓶詰めジャムにゲストの名前を記したシールをプラス。カジュアルなリボンで飾り付けてプチギフトとしての役割も発揮。

右写真:ゲストの名前とテーブルナンバーを書いたミニカードを印刷。爪楊枝のとがっている方をコルクに差して、その上にミニカードを付ければ完成。

 

 

 

 

Aya Isobe

Aya Isobe

数多のブライダル雑誌でエディトリアル&スタイリングを手掛ける。

日々取材の中で出会う旬なブライズトピックを配信。

ブライダル関連以外にも「リンネル」(宝島社)などファッション雑誌のスタイリングも担当。

広い視野で花嫁に“新たな気付き”を届けるがモットー

UPDATE: