PARTY IN YOUR HANDS

アイロンビーズで作るカラフルガイコツで今年流ハロウィンを先取り【図案無料配布中】
| by Søstrene Grene

そもそもカラフルガイコツの「シュガースカル」って何?

近年、ハロウィンの飾り付けでカラフルなドクロのアイテムを見かけるようになりましたよね。骸骨のハロウィンメイクやコスプレも人気があります。このカラフルなドクロがハロウィンに登場する用になった由来は、メキシコで行われる伝統行事の『死者の日(Day of the dead)』と呼ばれる、死者の霊を慰(なぐさ)める祭りからきています。メキシコでは死は再生の始まりとポジティブに考えられており、そのシンボルがお砂糖で作られたカラフルなシュガースカルなんです。死者の日は11月1日から11月2日にかけて行われるお祭り。10月31日に行われるハロウィンはその前夜にあたり、近年はこれらが同時に楽しまれるようになったため、ハロウィンでもシュガースカルが取り入れられるようになりました。

 

スカル

 

アイロンビーズで子供も大人も一緒にハロウィン準備♪

今年のハロウィンの飾り付けはどんな風にしよう?そんな時ぜひ取り入れたいのがアイロンビーズ。アイロンビーズ専用のプレート好きな色のビーズをはめていくだけなので、キッズも夢中になって作ってくれるはず。今回はカラフルでおしゃれなシュガースカルのアイロンビーズ図案のテンプレートをご用意しました。テンプレートは記事の最後にあるDOWNLOADボタンからダウンロードし、印刷して使ってくださいね。今年のハロウィンは、親子でできる手作りハロウィンパーティーを開催してみては?
 

用意するもの

・使用する色のアイロンビーズ(Søstrene Grene)
・アイロンビーズ透明プレート(Søstrene Grene)
・図案(ページ下部のダウンロードボタンよりダウンロードできます)
※プリンターのない方は印刷しなくてもOK
・トレーシングペーパーもしくはオーブンシート
・アイロン
・(あれば)ピンセット
 
 
 

▽▽作り方動画はこちら▽▽

  
 
①透明プレートの下に印刷した図案をおき、図案通りにビーズをプレートに乗せていきます。好きな色のアイロンビーズを使ってOK。とにかくカラフルにするのがポイントです。(プリンターのない方はテンプレートをパソコンの画面上で開いておき、升目を数えながらビーズを置いていってください)
 
②すべてのビーズをはめ終わったら、ビーズの面の上にトレーシングペーパーもしくはオーブンシートをしいて、スチーム機能をOFFにして高温に設定したアイロンを上からかけていきます。

 

③ビーズがシートにくっついてきたらビーズが溶けてきている合図。様子をみながらアイロンをかけ、ビーズ同士がしっかりくっついたら、裏返しにして裏面もアイロンを。上から本などの重しをして冷ましたらできあがり。

 

シュガースカル_アイロンビーズ

 

 

ガーランドやタグなどに応用できるアイロンビーズ

完成したアイロンビーズは、そのままお部屋に飾ってもいいし、穴が空いているので紐やリボンを通してガーランドにしても◎色が豊富なので、色んな色のシュガースカルを作ってみてくださいね♪親子で楽しみながら、今年流のハロウィンパーティーを楽しんでみては?
 
 

 

子供と一緒に作れるハロウィンアイテムはこちら

▼ハロウィンパーティーに♪風船に貼れるパンプキンフェイス
▼ハロウィンの飾り付けに♪光るおばけのピンポン玉ガーランド
 

他のアイロンビーズアイテムを作るならこちら

▼アイロンビーズで簡単♪カラフルなオリジナルケーキトッパーの作り方【図案無料配布中】

 

デンマーク発のライフスタイルブランド。毎日の生活を彩る小さな工夫やアイデアを生み出すアンナとクララという2人の姉妹が、その美しい世界をみんなと共有したいという願いから誕生した。グレイッシュなカラーとミニマムなスカンジナビアンデザインが特徴で、DIYグッズ、ラッピングからチェアやテーブルといったインテリアまで幅広いアイテムを展開。

 

公式HP http://sostrenegrene.com/ja/

公式IG   https://www.instagram.com/sostrenegrene_japan/

公式TW https://twitter.com/sostrenegreneja