PARTY IN YOUR HANDS

イースターに!コンフェッティエッグの作り方
|ARCH DAYS編集部

いよいよ今週日曜日はイースター!

春の訪れとともにいよいよ今週末に迫ったイースター。生命の始まりを象徴しイースターのキーアイテムとなる“イースターエッグ”のデコレーションは、親子で楽しめる工作のひとつ。今回は基本的なイースターエッグの作り方を応用して、卵のなかからコンフェッティが飛び出すフォトジェニックでお洒落なコンフェッティエッグの作り方をご紹介。

 

イースターコンフェッティエッグの作り方

用意するもの

・たまご

・絵の具
・ふで
・画鋲

・竹串などの細い棒
・カッター
・はさみ
・ティッシュペーパー
・デコパージュ用のり(木工用ボンドでもOK)
・コンフェッティ

 

 

作り方

①たまごの上と下にそれぞれ画鋲で穴をあけます

 

 

②①であけたお尻部分の方の穴をカッターでコンフェッティが入る大きさに拡張し、卵の中身をすべて出します。出にくいときは竹串で中身を崩して、あたま部分の穴から息を吹き込むと簡単に出すことができます。

 

 

③中身を水で洗って、1日乾燥させた卵のなかにコンフェッティをいれていきます。

 

 

④コンフェッティを入れ終わったらお尻部分の穴をふさぎます。ティッシュを穴よりも一回り大きいおおきさに切り、のりを塗ってはりつけます。はりつけたあと上からもう一度のりを塗るのがポイント。

 

 

 

⑤お好きな色に塗ったらできあがり!乾かすときはペットボトルのふたのうえに乗せると◎

 

 

 

イースターパーティーのおたのしみのひとつとして、コンフェッティのはいった卵を割るアクティビティはきっと盛り上がるはず。中身をキラキラのグリッターにかえたり、パーティーのテーマでカラーをかえても◎。ぜひ親子で工作してみてください。

 

 

ARCH DAYS編集部

S

ハワイでの挙式、日本での披露宴を経験。昨年の春に女の子を出産した1児のママ。

情報集め大好き。DIY大好き。

自身の結婚式のペーパーアイテムはすべてパワーポイントで手作りしたツワモノ。

 

ARCH DAYS Website:http://archdays.com/

Facebook:https://www.facebook.com/archdays.official/

Instagram:https://www.instagram.com/archdays/

Pinterest: https://jp.pinterest.com/archdays/