PARTY IN YOUR HANDS

フリンジバルーンの簡単な作り方
|by ARCH DAYS編集部

今回はパーティーのデコレーションを一気に格上げする、「フリンジバルーン」の作りかたをご紹介。

 

普通のゴム風船にタッセルをたっぷりつけるだけで、おしゃれなパーティー仕様になるフリンジバルーンは、華やかな見栄えなのでバースデーやベビーシャワーだけでなく、ウェディングのシーンでもつかえます。

ARCH DAYSが開催した「マタニティフォトワークショップ」の中では、フォトプロップスとしても使いました。バルーンのフォルムが、マタニティのまんまるお腹にもピッタリです。

 

バルーンとフリンジの大きさ、色で様々にアレンジができます。作りかたはとっても簡単なので、是非習得してくださいね。 

 

用意するもの

・薄紙(薄葉紙)

・カッティングマット

・カッター

・定規

 

フリンジバルーン_5149

 

 

作りかた 

1.ふたつに折って2枚重ねにした薄葉紙を、折り目を上にして置き、さらに真ん中から縦に2つに折る。

 

フリンジバルーン_7734

 

2.さらにもう1回、縦に2つに折る。

 

フリンジバルーン_3046

 

3.1と2で折った部分を開き、真ん中から2つに切り分ける。

 

フリンジバルーン_3664

 

フリンジバルーン_855

 

4.定規を当て、均等にカッターで切り目を入れていく。

このとき、2枚折りのつながっている上の部分を2cm程度残しておく。

 

フリンジバルーン_7183

 

5.切り目を入れ終わったら、折り目を開き、折り目が縦に向くように置く。

 

フリンジバルーン_36

 

6.下からくるくると巻いていく。

 

フリンジバルーン_4266

 

フリンジバルーン_6582

 

7.巻き終わったら、中心の部分をねじる。

 

フリンジバルーン_9362
8.ねじった部分を輪っかにし、交差した部分をさらにねじる。

※しっかりと固定させたい場合はグルーガン等で止める。

 

フリンジバルーン_2331

 

9.これを繰り返し、必要な数だけフリンジを作る。

 

フリンジバルーン_2918

 

10.出来上がったフリンジを等間隔にひもに括り付ける。

 

フリンジバルーン_4496

 

11.風船をふくらませ口を結んだら、フリンジを通したひもを風船の結び目にくくりつけて、完成!

 

今回は、直径90センチの大きめサイズの円型バルーンを使用し、フリンジをたっぷりとつけてゴージャスな仕上がりにしました。

 

fringeballoon

フリンジはたっぷりつけるとより華やかに!

 

 

<クリアバルーンでコンフェッティアレンジ>

 

さらに、クリアなバルーンを使って、タッセルバルーンをアレンジする方法をご紹介。

作りかたは簡単。膨らませる前のバルーンの口から、好きなコンフェッティを中にいれるだけ。バルーンの中でコンフェッティが舞い、とっても可愛く仕上がります。

今回はコンパスカッターで丸くくり抜いた金箔と銀箔をつかいましたが、いろ紙をハサミで三角形や四角形に、あえてざくざく切るのもオススメです。紙は両面に色が付いているものを選びましょう。

中に入れるコンフェッティの色や形で様々な印象に代わります。

 

可愛くておしゃれなマタニティフォトの画像

 ゴールドとシルバーのアルミ箔を入れて、キラキラに。タッセルはゴールド・シルバー・白

 

コンフェッティを中に入れても、バルーンの底に溜まってしまうのでは?と思ってしまいますが、風船の静電気のおかげで自然にコンフェッティが広がってくれるのでご安心を。

 

是非試してみてくださいね♪

 

CHATTERBOX by nippieの可愛くておしゃれなフォトプロップスの画像

 

 

ARCH DAYS編集部

M

キャンプやフェス、雪山、海、そしてお酒をこよなく愛するアウトドア女子。1児(男の子)の母。

 

ARCH DAYS Website:http://archdays.com/

Facebook:https://www.facebook.com/archdays.official/

Instagram:https://www.instagram.com/archdays/

Pinterest: https://jp.pinterest.com/archdays/