PARTY IN YOUR HANDS

ホームパーティーに「ピッザ!」の魔法を!|
PARTY FOOD KITCHEN by 料理家 Kaori Kobayashi

ピッザピッザピッザ!

 

ピッザと口にするだけで、生地の粉の種類と割合トッピングを思うだけで幸せ、もはや妄想もぐもぐで満足しちゃうほど愛してやまないピッザ。

何千回もしつこく言い続けておりますが私何を隠そうピッザが焼きたくて!ピッザを食べたくて!ピッツェリアでアルバイトしていたほどピッザを愛してやまないピッザラバーでございます。

 

IMG_6196

 

今回は夏にぴったりの軽やか生地で、見た目もカラフルで楽しくなっちゃうパーティーにぴったりのピッザをご紹介しますね。

ふっくらピッザ生地に必須のドライイーストではなくベーキングパウダーを使うことで発酵時間、捏ねる時間も短くてOKなレシピです。

ソースをつかわないのでシンプルに夏野菜の美味しさを存分に味わえるピッザは食事にもおつまみにもぴったりです。

チーズをちらした天板サイズの生地をパレットに見立て色鮮やかに楽しくトッピングしましょ!

 

IMG_6194

 

◯ピッザ生地材料(天板1枚分)

強力粉 80g

薄力粉 80g

ベーキングパウダー 小さじ1

塩 ふたつまみ

 

オリーブオイル 大さじ1

水 80ml

 

トッピング

ピザ用チーズ 80g

トマトスライス 中2個(5mm厚に切りキッチンペーパーで水分をとる)

かぼちゃ 8/1カット(皮付きのまま包丁orピーラーで薄く切る)

紫玉ねぎ 1/2個(薄切り)

ゴーヤ 1/3本(種をのぞき薄切りにする)

アスパラ 4本(半分の長さに切り厚さを2,3等分に)

 

オリーブオイル

パルメザンチーズ 

 

◯作り方

1)大きめのボウルに粉類をふるい入れ、オリーブオイルと水を加えゴムベラで混ぜる。

 

2)全体が混ざり粉なっぽさがなくなったら台に取り出し滑らかになるまで捏ねる。

 

3)手にくっつくようなら適宜粉をまぶす。

 

4)生地を丸めラップに包み常温で15分ねかせる。

 

5)オーブンを230度に予熱する。

 

6)トッピング具材の準備をする。 

 

IMG_6169

 

7)打ち粉をした台で麺棒をつかって天板の大きさに薄く生地を伸ばす、オーブンシートを敷いた天板にのせる。

 

8)ピザ用チーズを生地全体にちらす。

 

IMG_6181

 

9)具材をのせ全体にオリーブオイル、塩、パルメザンチーズをちらす。230度に予熱したオーブンで10-15分様子を見ながら焼く。

 

薄く伸ばした生地のみを5分ほど焼き冷蔵&冷凍保存しておくことも可能です、

パーティーの前日に用意しておくとゆとりあるおもてなしができるのも◯

お好みの具材を絵を描くようにトッピングして、マイベストピッザを探してみてくださいね!

 

IMG_6199 

<おまけ>

ピザではなく「ピッザ」って呼ぶとパーティー感アップするのです、信じられないかと思いますが騙されたと思ってぜひお試しを!

ピッザ!!!  ピッザ!!!   ピッザ!!!

フードコーディネーター兼料理家

Kaori Kobayashi

小林香里 kaori kobayashi

小林香里 kaori kobayashi/フードコーディネーター兼料理家
スタジオ勤務を経て、フリーに。企業/メディアへのレシピ提供やメニュー提案、商品パッケージのフードスタイリングを行いながら、展示会やパーティーへのケータリング、イベントでの料理教室などを行っている。包丁一本をはじめ最小限の料理道具をたずさえ世界各国でケータリング旅行を行ない、現地の料理を学びながら日本の家庭料理を広める活動も実施中。沖縄県出身。