PARTY IN YOUR HANDS

【海外blog】フリコエッグ:カリカリチーズの目玉焼き
|i am a food blog

海外人気ブロガーの記事をARCH DAYSにて和訳版をお届け

バンクーバー出身のステファニーはライター兼フォトグラファーとしてCondé Nast Travelerなどに奇稿中。彼女の大人気ブログ「i am a food blog」はフード業界で敬意ある米Saveur誌が毎年選ぶSaveur Awardsで2014年度「最優秀ブログ賞」及び「編集部が選ぶクッキングブログ最優秀賞」をダブル受賞。いま世界が注目する「i am a food blog」がARCH DAYSにて日本初登場!!!

 

crispy cheesy egg

みんなはどんな卵料理が好き?

私は小さい頃 絶対的にスクランブル・エッグ。ゆっくりと作り上げるフワフワではなく 

昔マクドナルドにあったような硬くてゴムみたいなスクランブル・エッグが大好物だった 

随分と昔の話 今では黄身がトロトロの目玉焼き。

食べ物の好みって 変わって行くのが不思議だよね 

今は卵料理全般好き 新しい料理法を発見すると ものすごく興奮しちゃう。

crispy-cheesy-egg-recipe-2

もうひとつ大好きなのがフリコチーズ あのグリルサンドからチーズがそっと逃げ出して 

フライパンで溶けて カリカリのクラッカーみたいにカラメル化したときの 

まるで魔法のような瞬間。ラザニアのカリカリ部分や ピザの焦げたチーズ部分が好きな

人には フリコチーズがオススメ。何故だかわからないけれど レストランでフリコは単なる

装飾物扱い。見かけたことはあると思うな:スープやサラダに振りかけられたパルメザンね。

どうしてフリコがもっと称えられないのかがわからない。

私の最も大好きなチーズの食べ方のひとつ カリカリ感とチーズを愛するものとして 

カリカリチーズには本当に弱い。

 

カリカリチーズか卵 どちらかを選べと言われてしまったら すごく難しいと思う。

けれど幸運なことにこれでもう フリコチーズと卵が美味しすぎるハーモニーで晴れて

結ばれたの。もっともっと素晴らしいことにチーズたっぷりのカリカリ卵作りは

ものすごく簡単。ちょっとオーバーに聞こえるかもしれないけれど、本当に興奮してるの。

フリコエッグとは 単にパンを使わないグリルチーズサンドのようなもの 

カリカリでチーズたっぷりで本当に美味。

crispy-cheesy-egg-recipe-1

<フリコエッグ:カリカリチーズの目玉焼きのレシピ>

1人分  時間:5分~8分

 

材料:

シュレッドチーズ(チェダー、パルメザン、マンチェゴのいずれか)大さじ2杯

卵 1個

塩コショウ 適量

 

サイドに:アボカドスライスや葉野菜など

 

作り方:

1.フライパン(ノンスティック)を中火で熱し シュレッドチーズを真ん中に

  円を描くように、薄い平面を目指して

2.チーズが少し溶けたら 卵を上に割って 蓋をしてお好みの硬さまで火を通す

  (中が覗けるガラスの蓋が私は好き)

3.フライパンごと火から外して チーズがカリッとするように1分ほど寝かせる

 

ヘラを使ってお皿にスルッと乗せ 塩コショウして 熱いうちに召し上がれ。

お好きな方は半熟の黄身をつけるトーストを添えるのもオススメ!

crispy-cheesy-egg-recipe-6

*「i am a food blog」原文はこちら

AboutStephanie

I am a Food Blog

Stephanie Le

フード業界で権威ある米Saveur誌が毎年選ぶSaveur Awardsで2014年度「最優秀ブログ賞」及び「編集部が選ぶクッキングブログ最優秀賞」をダブル受賞したブロガー。

 

blog:http://iamafoodblog.com/