PARTY IN YOUR HANDS

【ファッション】パーティー何着てく?春のお呼ばれシーンにおすすめのエイベリーロウ”リトルクチュールドレス”
|by Rie Maesaka

結婚式から歓送迎会まで、さまざまなシーンでお呼ばれの機会が増える春。上品かつ洗練された装いは、晴れの日を鮮やかに彩ってくれる。今回は、そんな着こなしにぴったりな“リトルクチュールドレス”を、アップカミングな東京ブランド「エイベリーロウ」からご紹介。


お呼ばれスタイルで気をつけたいのは、会場やパーティ内容、ゲストの雰囲気に合った着こなし。色、シルエットなど、場面に合わせて選びつつ、自分らしいおしゃれも楽しみたい。そこでフォーマル、セミフォーマル、カジュアルの、三つのシーン別に6着のドレスをピックアップ。クラシカルを軸に、今っぽいトレンド感でワンランク上のスタイルを叶えて。

 

フォーマル:挙式披露宴、学校行事、祝賀パーティなど 

名称未設定-1

 

(写真左)ぱっと目を引くマスタードイエローのドレスは、一枚で華やかな装いが完成。美しい落ち感の生地が、スマートなシルエットを実現。両サイドに配したポケットもモダンなワンポイントに。パールネックレスで上品に、ステートメントジュエリーでゴージャスに、アクセ使いで多彩な表情を引き出して。

ドレス ¥44,000(税抜き)/エイベリーロウ

(写真右)白のレースに薄手のシフォンをボンディングした、上品な透け感が魅力。半袖丈、ほのかに広がったシルエットなど、大人っぽいなかにガーリーな要素が。バランスのよい着丈で、さまざまなシーンにベストマッチ。

ドレス ¥49,000(税抜き)/エイベリーロウ

 

 

 セミフォーマル:披露宴二次会、ガーデンパーティ、レストランウエディングなど

名称未設定-2(写真左)ウエディングドレスも展開する「エイベリーロウ」ならではの、コルセット仕様のドレス。ボーン入りのボディス、ふっくらとしたボトムスのコントラストが、華奢な雰囲気を演出。デコルテがきれいに見えるので、ぜひ繊細なジュエリーで引き立てて。

ドレス ¥46,000(税抜き)/エイベリーロウ

(写真右)オリジナルのエンブロイダリーレースが可憐に主張する一着。背中にかけてふわりと広がるAラインが動くたびにゆれ、乙女心を一層盛り上げてくれる。黒のレギンスやタイツなどと合わせても◎。

ドレス ¥49,000(税抜き)/エイベリーロウ

 

 

カジュアル:バースデーパーティ、ベビーシャワー、歓送迎会など

名称未設定-3(写真左)マルチカラーのフラワープリントを配したドレスは、春夏の気分にぴったり。明るい柄をシャープなシルエットに仕立て、大人の一着へとクラスアップしている。バックにはストレッチの効いた生地を配し、動きやすさも抜群。春の女子会にもおすすめ。

ドレス ¥40,000(税抜き)/エイベリーロウ

(写真右)爽やかな素材の春夏のリトルブラックドレス。襟元や袖元に2種類のコットンレースを使用し、ふんわりとした広がりで顔まわりを華やかに見せます。屋外のパーティやイベントにもGOOD。

ドレス ¥40,000(税抜き)/エイベリーロウ

 

 

 BRAND PROFILE

「装えば心躍るようなドレスを作り、お届けしたい」という想いから誕生したブランド。手がけるのは、衣装やウエディングドレスなどを手がけるデザイナー、AKO。大人の女性の魅力を引き出す、シックで可憐なアイテムが評判を呼んでいる。なかでも“リトルクチュールドレス”は、高品質な素材とトレンド感のあるデザインが魅力。ボディラインにさらりと馴染む生地やシルエットには、どこかヌケ感も感じられ、一着でこなれた着こなしに。

 

お問い合わせ先/アイクエスト tel.03-6433-5208

http://averyrow.jp

フリーエディター&ライター

RIE MAESAKA

出版社勤務後、フリーランスのエディター&ライターとして独立。モード誌や女性誌、WEBサイト、広告を中心に、ファッションやセレブ、ライフスタイルにまつわるページを手がける。おしゃれ古着プロジェクト「セカンドクローゼット(http://2ndcloset.jp)」も運営。愛猫との日々を綴った猫ブログ(http://blogs.elle.co.jp/marlo/)も連載中。

このページを見た人におすすめの記事