PARTY IN YOUR HANDS

結婚式の席札に!ロゼットのとっても簡単な作り方
|by ARCH DAYS編集部

結婚式の必須アイテム!ロゼットってなに?

オシャレ花嫁に大人気のアイテム“ロゼット”。もはや定番アイテムとなったロゼットですが、そもそもはリボン付きの勲章として贈られていたものが発祥。くるみぼたんのまわりに、ひらひらと花びらのように縫ったリボンを取り付けたもの。フランス語で「小さなバラ」という意味で、イタリア語では“ロゼッタ”といいます。小さなバラという意味を持つなんて、名前まで結婚式にぴったりですね。

 

ロゼット_結婚式_席札

 

席札にも!結婚式や誕生日パーティーにおすすめの手作りロゼット

そもそもは人気セレクトショップ「トリートドレッシング」で販売されていたのがブームのはじまり。その後手作りする花嫁さんが増え、いまや新定番のアイテムとなったロゼット。勲章として使われていたので、ロゼットを席札として結婚式に用いるのは「新郎新婦だけではなくゲストひとりひとりが主役」という意味を込める花嫁さんが多いからなんだとか。でも初めて作るのはなんだかハードルが高そうですよね。シフォンで作ったり、リボンで作ったり、いろいろなやり方がありますが、今回はまず基本編!100均アイテムで作る“ロゼットマシーン”を使って、とても簡単にリボンのロゼットを手作りできる方法をご紹介。

 

ロゼット材料

 

ロゼットマシーン

 

ロゼット工程1no1

 

ロゼット工程2

 

ロゼット工程3

 

ロゼット工程4

リボンロゼットの簡単な作り方

用意するもの

・白い布

・ロゼットマシーン

 -仕切り板

 -マスキングテープ

・リボン 24mm

・缶バッチ 44mm

・厚紙

・アイロン転写シート

・ライター

・木工用ボンド

・はさみ

・針と糸

 

作り方

※ロゼットマシーンを作成

 →100円ショップで売っている引き出し用の仕切り版を使用。真ん中に包装時に一緒に入っていた段ボールをはさみ、マスキングテープで固定(15×14)

①リボンをロゼットマシーンの端から折っていく。リボンの端はほつれないようにライターであぶるのがポイント

②端まで折り終わったら(だいたいリボンを60センチほど使用)リボンを切り、リボンと同色の糸で縫っていく

 すべて縫い終わったらマシーンからリボンをはずし、端と端を縫い合わせ、糸をギュッと絞ってとめる

③テンプレートの文字を印刷したアイロン転写シートを文字ぎりぎりにきる

 缶バッチよりも少し大きめ切った布にアイロンでプレス

 缶バッチの裏にボンドを塗り、布を貼っていく

④丸く切った厚紙にリボンをボンドで貼ったもの、リボン、缶バッチの順番でボンドで固定

 

応用編

用途によっては裏に安全ピン付きクリップをつけて、衣服やカバン等につけられるようにしても◎

ロゼット

 

いかがでしたか?見た目の割に意外と簡単に手作りできるのが嬉しいところ。結婚式の当日にテーブルに席札として並んだロゼットを見たら、きっとゲストも喜んでくれるはず。ちくちくひとつひとつ丁寧に縫っていくので、ひとりひとりゲストとの思い出を思い返しながら手作りしたいですね。

 

 

プレゼントにマタニティーロゼットはいかが?

ARCH DAYS編集部ではベビーシャワーでのプレゼントとしてマタニティロゼットをご提案。マタニティマークの画像は、厚生労働省のホームページから簡単にダウンロードすることができます。いつものキーホルダーではなく、マタニティーマークをプリントしたロゼットをカバンにつけたらきっと妊婦さんの気分もあがるはず。産まれてくる赤ちゃんの名前がすでに決まっていたら、あわせて赤ちゃんの名前をプリントしたロゼットをプレゼントするのも素敵ですね。

 

【DIY】結婚式の席札やマタニティマークなどに♪ロゼットのつくり方|by ARCH DAYS編集部

 

ARCH DAYS編集部

S

ハワイでの挙式、日本での披露宴を経験。昨年の春に女の子を出産した1児のママ。

情報集め大好き。DIY大好き。

自身の結婚式のペーパーアイテムはすべてパワーポイントで手作りしたツワモノ。

 

ARCH DAYS Website:http://archdays.com/

Facebook:https://www.facebook.com/archdays.official/

Instagram:https://www.instagram.com/archdays/

Pinterest: https://jp.pinterest.com/archdays/